マーケットの真実

株式・金利・為替から高度なデリバティブまで、マーケット全般を俯瞰。大手マーケット・サイトの紹介が中心。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |

Your company is 〜

 

「会社は株主の物」という考え方は欧米では一世紀近く前から根付いているが、日本で改めてこの意見が聞かれ始めたのはここ二年ぐらい前からではなかろうか。アメリカの株主総会では、役員は必ず「Your company is 〜」とはじめるが、日本では「我が社は〜」あるいは「当社は〜」といった具合だ。その役員が在任中に業績が落ちれば解任はあたりまえ!日本は解任されても退職金がでたりする。日本の株主はそれでも何も言わなかったが、これからはそうはいかないでしょうね!新会社法が施行され、株主訴訟はいままでよりも増えるでしょう。もちろん今のライブドアに対しての株主訴訟とは質のちがうものになるでしょうね!「企業に投資をしてる」という意識が最初からあれば、もっと早い段階で訴訟をおこしてるはず。まあ、堀江氏や村上氏は日本の投資家のレベルをよく理解してたということでしょう。
 それと、10日のぶんの投稿で最後に「ちなみに今は?」などと、含んだかたちで書きましたが、ちなみに今は、国内株式の場合日経平均先物がバックワーデイションの状態で外資と言われてる連中は期近をショートして、OTCあたりで先物をロングしてるはず!通常のコンタンゴに近づいたあたりが個別を新規で買ってでるチャンスでしょうね!

マーケット | permalink | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |

マーケットでの儲け方

 

マーケットでは、相場の上げ下げをとるのか!歪みをとるのか!ボラをとるのか!まあ、儲け方としてはいろいろありますが、国内株式市場に参加してる個人投資家のほとんどは上げ下げをとりにいく手法が圧倒的ですね。デリバティブなど高度になるほどやる人は少ないわけですから大手ヘッジファンドなどが入ってきた時は上げ下げ投資家はむやみに新規で参加するべきではないでしょうね!今のマーケットはグローバルマクロに展開してるため、どの市場(株、商品、債権、為替)も金利からは目がはなせません。これから株を始めようと考えてらっしゃる方は、デイトレなどの目先のキャッシュをとりにいくことから始めるのではなくグロース株とまではいいませんが、基本的な証券分析を学び株式市場だけでなく国内外の市場はもちろん、先物価格(株価指数、商品、債権など)の鞘の動向に注目してくべきだと思います。異常なコンタンゴ、普通でないバックワーデイションや同鞘の時、国内の株式市場ぐらい大きい市場であれば歪みをとりにいく連中がたいがい勝ちます。ちなみに今は?????

マーケット | permalink | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |

村上ファンド進軍

 

村上ファンドの村上氏が阪神電鉄に対して、九人の役員を送り込む提案をしてきた。実質的経営権の掌握だろう。マスコミは「村上タイガース」誕生か?などと野球の方に話題をもっていっているようだが、はっきり言って彼にとって球団はどうでもいいのでしょう。ミーチュアル・ファンドであれ、一年近くも株を保有してればそもそもM&Aで自分のパートナーに利益をもたらしてきたわけだから、そろそろ勝負にでてくるでしょうね!日本の経営者は「株式会社」がどいうものか本質を理解していない経営者が多いようにおもわれます。阪神電鉄の今の経営者が、よっぽど力のあるナイトでもかこっているなら分かるが、今のところは村上氏側に有利に動いているでしょうね。玉井氏が村上氏側についたしね!なまけてる経営者がどんどん排除される時代がくるでしょうね。
テクノラティプロフィール

マーケット | permalink | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |

スタート

 

ネットでの株式投資。ほんと増えてますね。最近は、「カバード・ワラント」といった、ネットの口座でしかできないデリバティブもかなりの取引量ですね!20万、30万といった小額の資金で始められるのが魅力なのでしょう。(ちなみに私は対面取引です!)そういった個人投資家を支援する情報サイトもたくさんあります。ネットトレーダーにとっては非常に恵まれた環境であることはまちがいないでしょう。しかし、本当にマーケットで儲けている人たちは常に大勢より一歩先にいっています。話題のIPOも然りですね。「上場すれば儲かる」と信じてる方が多いように思いますが、一歩先にいく投資家は、「今のバランス・シートではなく、経営者に上場したいという意思があり、上場してからも大きく利益が上がるためのビジョンをもち、そのために具体的に何をしてるのか」という点にポイントをおいているように思われます。そういう会社の株が、一般公募などよりも割り安に手に入れば非常に魅力的な投資といえます。ただ、なかなか買えないのが現状ですね!公開株のマーケットでも、日本では個別株の取引は「現物の買い」だけという方が大半ですが、最近は、大手外資の投資銀行がギミックした金融商品(ETFやREATなど)もかなり人気がでていますね。このサークルは、「これから魅力的な投資は何か」というような情報交換の場に利用していただき、株式初心者の方にも参加していただきながら、実際みんなで儲けていこう!という趣旨でたちあげました。月並みですが、私の運用履歴も更新していこうと思います。

マーケット | permalink | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |