マーケットの真実

株式・金利・為替から高度なデリバティブまで、マーケット全般を俯瞰。大手マーケット・サイトの紹介が中心。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< マーケットでの儲け方 | main | 円が強い訳はない! >>

Your company is 〜

 

「会社は株主の物」という考え方は欧米では一世紀近く前から根付いているが、日本で改めてこの意見が聞かれ始めたのはここ二年ぐらい前からではなかろうか。アメリカの株主総会では、役員は必ず「Your company is 〜」とはじめるが、日本では「我が社は〜」あるいは「当社は〜」といった具合だ。その役員が在任中に業績が落ちれば解任はあたりまえ!日本は解任されても退職金がでたりする。日本の株主はそれでも何も言わなかったが、これからはそうはいかないでしょうね!新会社法が施行され、株主訴訟はいままでよりも増えるでしょう。もちろん今のライブドアに対しての株主訴訟とは質のちがうものになるでしょうね!「企業に投資をしてる」という意識が最初からあれば、もっと早い段階で訴訟をおこしてるはず。まあ、堀江氏や村上氏は日本の投資家のレベルをよく理解してたということでしょう。
 それと、10日のぶんの投稿で最後に「ちなみに今は?」などと、含んだかたちで書きましたが、ちなみに今は、国内株式の場合日経平均先物がバックワーデイションの状態で外資と言われてる連中は期近をショートして、OTCあたりで先物をロングしてるはず!通常のコンタンゴに近づいたあたりが個別を新規で買ってでるチャンスでしょうね!

マーケット | permalink | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chitofuna.jugem.jp/trackback/6
この記事に対するトラックバック
こん○○わです。 発掘銘柄のFDCPに5%ルール報告がでてました。 5%ルール報告10日 FDCP(2671)――大量 財務省 5月10日受付 (提供者、保有株券等の数・保有割合、カッコ内は報告前の保有割合) ★発行会社:FDCP ◇マック アセット マネジメント 
黒船、村上世彰。 | ◆相場師列伝 & お宝銘柄発掘 & タブー◆ | 2006/05/14 9:25 AM