マーケットの真実

株式・金利・為替から高度なデリバティブまで、マーケット全般を俯瞰。大手マーケット・サイトの紹介が中心。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 失業保険ー国負担削減案ー | main | Your company is 〜 >>

マーケットでの儲け方

 

マーケットでは、相場の上げ下げをとるのか!歪みをとるのか!ボラをとるのか!まあ、儲け方としてはいろいろありますが、国内株式市場に参加してる個人投資家のほとんどは上げ下げをとりにいく手法が圧倒的ですね。デリバティブなど高度になるほどやる人は少ないわけですから大手ヘッジファンドなどが入ってきた時は上げ下げ投資家はむやみに新規で参加するべきではないでしょうね!今のマーケットはグローバルマクロに展開してるため、どの市場(株、商品、債権、為替)も金利からは目がはなせません。これから株を始めようと考えてらっしゃる方は、デイトレなどの目先のキャッシュをとりにいくことから始めるのではなくグロース株とまではいいませんが、基本的な証券分析を学び株式市場だけでなく国内外の市場はもちろん、先物価格(株価指数、商品、債権など)の鞘の動向に注目してくべきだと思います。異常なコンタンゴ、普通でないバックワーデイションや同鞘の時、国内の株式市場ぐらい大きい市場であれば歪みをとりにいく連中がたいがい勝ちます。ちなみに今は?????

マーケット | permalink | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

 訪問していただいて有難うございます。国内の株式市場はもちろん使ってますよ!日経先物、オプションから個別でも何銘柄かやってますよ。あと、CBもいいですね。
Sファンド | 2006/05/11 6:54 PM
「金は天下の回りもの」昔の人はうまいこといいますね。
今では、天下=世界市場。為替かな? いまは金属取引がヒートアップでその辺かな??次は何処を回遊するのか。たまには日本の株式市場にも遊びに来てね♪w

こちらのブログもブックマークに登録しました〜
ではでは。
r-trader | 2006/05/11 6:43 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chitofuna.jugem.jp/trackback/5
この記事に対するトラックバック
ゴールドマンサックス・ドイツ証券・村上ファンド・タワー投資顧問・フィデリティ投信・野村證券など、有力投資ファンドの介入情報まるわかり! 大量保有報告書(5%ルール)から取得単価や保有比率など、大口の手口を無料で即日掲載!
速報!株式大量保有報告書 | 速報!株式大量保有報告書 | 2006/08/21 9:58 PM